株式投資・節約・生活

コツコツ進める資産の増やし方!【節約編】 vol.4 ~食費を節約してみよう!【後編】~



食費節約の後編記事です。

こんにちは!

カーズです。

前回に引き続き、食費に関する節約の記事を書かせて頂きます。

コツコツ進める資産の増やし方!【節約編】 vol.3 ~食費を節約してみよう!【前編】~食費の節約を考える記事 前編...

先に前回記事をお読みください♪

方法その4:更にコストを抑える食事を検討

前回は外食で牛丼を勧めてみましたが、さらに安い物はまだまたあります。

①ハンバーガー

みんなご存知マクドナルドのハンバーガー。

あまり注文しないかもしれませんが、これ他のバーガーと違って安いんですよね。

なんと

1個110円!!

ということは3食食べても

110円×3食×30日=9,900円となりますね♪

1個で足りない人は、2個でも3個でも。

とってもお安くなっております。

②素パスタ

素パスタとはパスタを茹でただけの料理(?)です。

作り方はパスタを茹でるだけ。

そのままでもいけますが、塩・醤油・バターなどの調味料と和えることで最低限の味付けも可能です。

簡単に作れる上、コストも安い貧乏料理です♪

コンビニで売っているパスタが4食分で200円いかないので、

1食:50円×3食×30日=4,500円!!

これたまに自分で作って食べてます(笑)

味付けは塩とか醤油で適当に・・・。

③フルーツグラノーラ

続いてのおすすめはフルーツグラノーラ。

食物繊維たっぷりでサクサク食べれる朝食の強い味方ですね♪

結構食べていると満足感のある一品です。

1食分が50gとして800g入っているので16食分。

牛乳を1袋に対して2~3本くらい使うと考えると

フルーツグラノーラ:748円

牛乳:200円×3本=600円

合計:1,348円

1,348÷16食=84.25円

切り上げて85円とすれば

85円×3食×30日=7,650円!!

これも中々、おやつ代わりにもなれる一品です。

私の家には常にフルグラと牛乳が置いてあります(笑)

④おからクッキー

ちょっと変わり種ですが、こんなのはいかがでしょう?

おからで作ったクッキーです。

おやつじゃないの?という方もいると思いますが、

これの最大の特徴は食べると結構お腹が膨れて満腹感を得られるという点。結構腹持ちがいいです。

ついでに低カロリーなので、一時期ダイエットに使っていました(笑)

この商品なら2,500円~2,700円で大体200枚くらい入っています。

食べ慣れると、大体4枚~5枚くらい食べればお腹が膨れるので5枚を1食分として数えましょうか。

2,600円÷200枚=13円(1枚)

1食:13円×5枚=65円

65円×3食×30日=5,850円!!

1枚20kcalなので1日300kcal程度に収まるので

節約とダイエットを同時にできて一石二鳥です♪

私はこれで20㎏ほど痩せましたよ♪

方法その5:食習慣を改善しよう

コストを抑えた食事を思いついても、心と体をそれに慣らさねば実行はできません。

人間の三大欲求の一つである、「食欲」はかなり強敵です。

まずはそれに打ち克つ事が大切ですね。

①1日の食事回数を変える

まず、1日の食事回数を変えてみるというのも一つの手です。

例えば、

・朝食を抜いて1日2食にする。

・朝食と昼食を抜いて1日1食にする。

これだけで1食分×30日のお金が浮くわけです。

②1回の食事量を変える

食事は3食食べたいという方も多いと思います。

その場合、食事量を変えてみてはいかがでしょうか?

800円のランチをハンバーガー1個にするだけでも1ヶ月で観れば結構な差がついてきます。

また、①・②両方に言える事なのですが、この生活を続けていれば、体がその食生活に適応してきてくれると思います。

つまり、少ない回数の食事でもお腹が満たされるようになったり少ない食事でも満足できるようになったりします。

私自身は最近食事量増えて食べないと辛いのですが、一時期は丸1日何も食べなくても平気だったりしました・・・。

あまり良くない事ですが(笑)

最初は滅茶苦茶辛いですが、体を慣らすとそれが普通になります。

ダイエットしながら節約するって考えを持ちながらだと上手くいくかもしれませんね♪

ただし、やり過ぎたら健康を損なう可能性があるので、その点は自己管理しましょう。

方法その6:方法その1~5を組み合わせよう

ここまで、食費を節約する方法をご紹介してきました。

ただ、どれかの方法に偏ると結構無茶な内容だと思います。

ハンバーガーで1ヶ月生活なんて結構無茶だと思いますし。

それならば・・・

それぞれの方法を組み合わせましょう♪

小学校の給食のように1週間の献立を作ってみる分かりやすいと思います。

これまでの方法を組み合わせる

【節約ルール 例】

・独身者1名で想定

・食材は安いスーパーで買う

・コンビニは使わない

・間食と夜食は我慢

・食事回数は3回(それぞれ量を減らす)

【献立】

●月曜(合計:245円)

 朝食:フルーツグラノーラ(85円)

 昼食:ハンバーガー(110円)

 夕食:素パスタ(50円)

●火曜(合計:370円)

 朝食:フルーツグラノーラ(85円)

 昼食:おからクッキー(65円)

 夕食:牛丼(220円)

●水曜(合計:215円)

 朝食:フルーツグラノーラ(85円)

 昼食:おからクッキー(65円)

 夕食:おからクッキー(65円)

●木曜(合計:355円)

 朝食:フルーツグラノーラ(85円)

 昼食:牛丼(220円)

 夕食:素パスタ(50円)

●金曜(合計:415円)

 朝食:フルーツグラノーラ(85円)

 昼食:牛丼(220円)

 夕食:ハンバーガー(110円)

●土曜(合計:1,685円)

 朝食:フルーツグラノーラ(85円)

 昼食:普通のランチ(700円)

 夕食:普通のディナー(900円)

●日曜(合計:2,585円)

 朝食:フルーツグラノーラ(85円)

 昼食:ちょっと高いランチ(1,000円)

 夕食:ちょっと高いディナー(1,500円)

1週間合計:5,870円

1ヶ月換算で約25,000円

実際には飲物を購入したりするので、30,000円に収まると思います。

今回は、間違いなく食事に対するストレスなど発生すると思うので、土日だけ贅沢な食事をするよう組んでみましたが、強い心を持って土日も節約したり、毎日の食事回数を減らすことができれば、余裕で月10,000円切れると思います。

例で一週間の献立を組んでみましたが、どれくらいの予算がかかるかも見えますし、これ通りに行動すれば節約になるのでモチベーションを維持しやすいのではないかと思います。

カーズ

私も最近少し食べすぎなので、食費節約とダイエットも兼ねて実践していけたらと思っています(笑)

さて、今回は(かなり私見入っていますが)食事の節約方法について記事にさせて頂きました。

もし参考にして頂けるなら、健康を害さない範囲でご活用ください♪

本日も最後までお読みいただき有難うございました!

それでは、待て次回!ノシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA